豆知識Column

企業における二大経費の削減方法

企業において「人件費」と「事務経費」は“二大経費”と言われています。どちらも費用対効果を出すのが難しく、コストアップの要因になりやすいからです。しかし、工夫次第で二大経費を削減することは可能です。ここでは二大経費の削減方法について説明します。

二大経費である「人件費」と「事務経費」とは?

「人件費」とは主に、社員に支払う給与や社会保険費などのことを指します。経費削減をする際にカットしやすい費用である反面、社員のモチベーションに大きく関わるポイントでもあるため、大幅に削減すると作業効率が悪化したり、優秀な社員が企業から離れてしまったりする恐れがあります。

「事務経費」は、主に水光熱費や事務用品などのことを指します。これらは一つひとつにかかる費用は大きくないため、削減してもあまり効果を実感しにくいものではありますが、少しずつでも削減することで、長期的に見れば大幅なコスト削減をすることが可能です。

年商が高くても売上収入に対して、二大経費の比率が高ければ、企業の利益は下がります。そのため、企業は常に、人件費や事務経費の削減を経営の課題としているのです。

二大経費を削減するポイント

それでは、二大経費を削減するにはどうしたら良いのでしょうか? 以下でそれぞれの経費削減方法をご紹介していきます。

「人件費」を削減するポイント

人件費の削減を目指すなら、まず着目すべきは「残業代」でしょう。残業代の削減は企業にとっての経費削減になることはもちろん、社員の健康を守るためにも必要です。残業代を削減するために、まずは「ノー残業デイ」の実施をおすすめします。 ノー残業デイとは、残業をしないで帰ることを命ずる日を作る制度のことです。このような日を作ることによる効果は、残業代を直接的に削減することはもちろんですが、それだけではありません。 ノー残業デイを作ることにより、これまで「残業してでも終わらせよう」という気持ちで臨んでいた社員も、「残業ができないのだから、どうやって終わらせよう」と考えながら仕事に取り組むことが期待できます。そのようなクセが付けば、社員が日頃から効率的に仕事ができるようになるでしょう。

「事務経費」を削減するポイント

「誰もいないフロアの冷房が付きっぱなしになっている」、「使えるボールペンが捨てられている」、「ムダに印刷することが多く、すぐにシュレッダーにかけられている」など……。職場において、このような無駄は見られませんか? また、ムダに気付きつつもそのままにはしていませんか?

このようなムダは、社員一人ひとりの節約意識が向上するだけで、大幅に削減することが可能です。もし、オフィス内で上記のようなムダが発生しているのなら、社員の意識改革が必要かもしれません。朝礼や掲示板での呼びかけはもちろん、実際にどのぐらいの出費があるのかを掲示して、「目指すは、○%削減」というように数字を発表すると、社員がより経費削減に意識が向きやすくなるでしょう。

また、事務経費として印刷に関わるコストは、かなりのウェイトを占めていることが多くあります。白黒印刷やトナーセーブ機能を用いて印刷コストを削減することは可能ですが、設定ミスによって業務効率が落ちたり、結局、余計に費用がかかってしまうこともあります。そのため、確実に印刷コストを削減したいと考えているなら、インクやトナーの消費量を調整できるソフト「TonerSaver(トナーセーバー)」を活用することをおすすめします。

事務経費削減に役立つ「TonerSaver」の活用方法とは?

TonerSaverは、レーザープリンターのトナーやインクジェットプリンターのインクの消費量を1%単位で最大75%削減することのできるWindows用のソフトウェアです。

製品サイトはこちらから: http://150.95.176.169/tonersaverjp/

TonerSaverはパソコンにインストールするだけで、特別な操作は不要。今まで通りの手順で印刷可能で、印刷指示後に表示される専用のスライドバーでトナーの削減率を設定するだけでトナーコストを削減することができます。

また、TonerSaverを入れると、専用の管理画面からこれまで把握しづらかった個々の印刷の使用枚数が一元管理できるため、その枚数を把握してて、適切な喚起を行うことで社員の経費削減の意識向上にも貢献します。 TonerSaverは導入した初年度から大幅な経費削減を期待できると言われ実際に導入している企業は約800社を超えており、累計110万ライセンスの実績を誇るなど、あらゆる業種から高い評価をいただいています。

【業種別削減実績】がこちらからご覧いただけます⇒http://150.95.176.169/tonersaverjp/products/intro

社員の自主性に任せることも必要ですが、それだけではコスト削減は実現しません。「節約」と業務の「効率化」のバランスを保てるツールなどを導入して経費の削減を行っていくことがポイントです。そのためにTonerSaverの導入をぜひご検討ください。

お見積もり・製品に関するお問い合わせ

製品に関するご質問は、お問い合わせフォームもしくはお電話にて承っております。
また無償評価版をご用意しておりますので、お気軽にお試しください。

  • 製品版と同機能を1ヶ月お試し 無償評価版ダウンロード