製品紹介Products

TonerSaverの仕組み・動作環境

TonerSaverはアプリケーションとプリンタードライバーの中間で動作します。アプリケーションから出力された印刷データをTonerSaverが取り込み、スライドバーによって設定された値に基づいて色濃度の調整を行います。 印刷ごとに印刷ログを取得し、TonerSaverサーバーへ印刷ログが送信します。

Tonersaverの仕組み図

TonerSaver 4クライアント 動作環境

OS Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 SP1
プリンター レーザープリンター、インクジェットプリンター

※プリンターは、全ての機種の動作を保証するものではありません。

TonerSaver サーバー 動作環境

OS Windows Server 2008 R2、 Windows Server 2012 R2
推奨ブラウザ Internet Explorer 11以降

※TonerSaver サーバーをご利用の際は、専用サーバーをご利用ください。

お見積もり・製品に関するお問い合わせ

製品に関するご質問は、お問い合わせフォームもしくはお電話にて承っております。
また体験版をご用意しておりますので、お気軽にお試しください。

  • 製品版と同機能をお試しいただけます 体験版ダウンロード