製品紹介Products

トナーセーバーの仕組み

  • いつも通りの印刷でコスト削減
  • 特別な操作がないから運用がスムーズ
  • ドライバーから完全に独立 導入もカンタン

TonerSaverはアプリケーションとプリンタードライバーの中間で動作します。 アプリケーションから送信された印刷データをフック、トナー削減し、色の諧調を調整したデータをリアルタイムで変換して、プリンタードライバーに渡します。 その際、文字・図形・画像の情報のみフックし、レイアウト情報など、その他の情報については手を加えません。

印刷ごとに印刷ログを取得し、クライアントコンピューターのローカルに保存されます。 TonerSaverログサーバーをインストールし、サーバー名を指定しますと、印刷ごとにクライアントコンピューターの印刷ログが送信され、サーバーで一元管理が可能です。

図

TonerSaver導入時の印刷プロセス

  • (1) アプリケーション上の印刷データをプリンタードライバーに送る。
  • (2) (1)の印刷データに対して、文字・図形・画像の情報のみトナー削減したデータをリアルタイムで変換し、差し替える。
  • (3) 印刷データをプリンターに送り、紙に出力する。
  • (4) 印刷ログをTonerSaverサーバーに送る。

お見積もり・製品に関するお問い合わせ

製品に関するご質問は、お問い合わせフォームもしくはお電話にて承っております。
また無償評価版をご用意しておりますので、お気軽にお試しください。

  • 製品版と同機能を1ヶ月お試し 無償評価版ダウンロード